日常生活、日本、中国、モバイル、適当に。。。


by shinichi.hakubi
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

映画CEOとハイアール

お友達の映画配給会社「フォーカスピクチャーズ」が配給している中国映画「CEO」が、現在ポレポレ東中野にて公開中。

この映画のおかけで、昨年10月に、来日したハイアール社(Haier)のCEOチャンさんと会うことができた。せっかく日本に来られたので、日経情報ストラテジー社、リクルートワークス研究所とダイヤモンド社の取材をセッティングさせてもらったが、スケジュールが会わず、持ち越しになった。残念!今度ぜひ中国でお会いしたいね。

a0013031_1375941.jpg
映画は、実在のハイアール社のCEO(最高経営責任者)であるチャン・ルエミンの独創的な経営手腕により、倒産寸前だった青島の町工場が、中国で初めて世界的ブランドを築いていく挑戦の物語。わずか17年で世界165カ国に進出しアジア初の世界優秀企業とまで呼ばれたハイアールのCEOであるリン・ミンを、『太平洋珍珠』のスー・リャンが演じた。監督は、『古井戸』『變臉(へんめん)』などで知られる中国映画の巨匠、ウー・ティエンミン。

ハイアールは銀座にはじめて看板を出した中国企業として、知られている。最近では西友などもハイアールの冷蔵庫を扱っているなど、着実に日本市場に食い込んでいる。
ハイアールはわずか17年で売上高17,000倍、世界165カ国に進出している中国総合家電企業。中国電子メーカー売上高ランキングで2年連続1位の座を獲得しており、驚異的な成長力に各界から注目が集まっている。その特徴は、価格競争ではなくて価値競争に主眼をおいたブランド戦略にある。
「アジア初の世界最優秀企業」(米フォーチューン誌)、「世界で尊敬すべき企業人ベスト30」(チャン・ルエミン/英フィナンシャルタイムス誌)など各界から評価されている。

ちなみに、学歴や年功序列とは関係なく徹底した成果主義と能力給により人事を行っており、中国では学生が就職したい人気企業第1位である。ハイアールは現在約3万人の従業員を擁し、海外165カ国に製品を輸出している。中小型冷蔵庫は米国市場の3~4割を占めている。2003年度のハイアール・グループでの売り上げは806億元(約1兆1280億円)に達している。
最近、レイボのIBMPC部門買収などもあり、中国企業の躍進はすざましいである。レイボは昨年HRに関して取材させてもらったが、ハイアール同様、欧米と中国を融合した斬新なHR制度がおもしろかった。


■映画「CEO」の紹介
■ハイアール
■三洋ハイアール
■レイボ
[PR]
by shinichi.hakubi | 2005-02-03 01:37 | 何となく