日常生活、日本、中国、モバイル、適当に。。。


by shinichi.hakubi
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

中国もCDMA時代に突入

中国ではCDMAのホットニュースが続々と登場している。

a0013031_1718118.jpg
チャイナユニコム(以下中国聯通)は、2.5亿元の資金を投入し、マカオ特別行政区でのCDMAネットワークのライセンスを取得した。本土通信キャリアが本土以外で通信ライセンスを取得するのは中国聯通が初めて。マカオの通信キャリア3社、澳門電訊、和記電訊と数码通電訊の三社いずれもGSMネットワークで、マカオを訪れるCDMAユーザはローミングサービスが利用できない状態だった。このためマカオ特別行政区政府は昨年9月、CDMAライセンス発給の入札を実施、応札した愛達利控股、澳門電訊、数码通動通訊、広星伝訊を含め、5社のうち中国聯通が落札していた。

中国聯通はマカオのCDMAラ2000イセンス取得のため、マカオ現地法人の中国聯通(澳門)有限公司(中国聯通澳門)を設立。ライセンス取得初年度にマカオを訪れるCDMAユーザ向けにローミングサービスを展開、2年目にマカオ地元ユーザ向けのCDMAネットワークサービス展開をマカオ政府に申請する。中国聯通はマカオでのCDMAネットワーク整備はすでに完了しており、6~8カ月内に運営を始める予定である。

さらに、来月末には、チャイナユニコムから、500元モロクロ液晶CDMA携帯約100万台、600元~800元のカラー液晶携帯が約200万台を発売することになった。すでに製造を請け負う企業では生産が完了しており、指示を待って発売する予定。生産には京セラ(中国)とUT斯達康も加わっている。また、BREWをサポートする機種も続々登場する模様。これらの低価格機種をプラットフォームに、3Dゲーム、チャットと株売買をはじめ、テレビ電話、着メロなどのサービスも提供していく予定。

■チャイナユニコム
■京セラ中国
■UT斯達康
[PR]
by shinichi.hakubi | 2005-03-15 16:33 | モバイル