日常生活、日本、中国、モバイル、適当に。。。


by shinichi.hakubi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

チャイナユニコムが携帯電話端末で保険サービスを開始

a0013031_14351396.jpg

 「上海保険業界移動応用シンポジウム」が上海市で開かれ、チャイナユニコム上海支社が、東方般若科技発展有限公司と共同で、「保険新時空」というCDMA1x規格を利用した保険サービスを開始することを発表した。
チャイナユニコムでは、高付加価値業務をエンタテイメント、生活、業界アプリケーションの3分野に分類している。今のところ、エンタテイメント分野のショート・メッセージ・サービス(SMS)や画像、着信メロディなどが主流だが、業界向けアプリケーションの潜在的可能性にも注目しているという。株取引システムや警備システム、医療システムなど、移動端末を利用した高付加価値業務をすでに開始している。
チャイナユニコムの全体収入に占める高付加価値業務の割合は、現在は10%以下だが、3Gサービス開始後は20%を超えるものと予想している。
北京東方般若公司は、「ワイヤレス技術の応用は、パソコン(PC)時代から電子ビジネス時代に変遷しており、現在は移動体通信時代にある。電子ビジネスにできることは、移動体通信技術でも実現できる」とする。

日本ではモバイルを使った業務システムが比較的進んでいるが、普及しているとは言いがたい、日本のノウハウと中国のニーズのコラボレーションができるとおもしろかもしれない。


■東方般若科技発展有限公司
■チャイナユニコム・上海
[PR]
by shinichi.hakubi | 2005-05-30 14:33 | モバイル