日常生活、日本、中国、モバイル、適当に。。。


by shinichi.hakubi
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:何となく( 18 )

香港ディズニーランド


a0013031_179539.jpg香港ディズニーランドと香港の地下鉄運営会社・香港地鉄公司は25日、9月のディズニーランド開園に向けて整備中の「地下鉄ディズニー線」の車両除幕式を開いた。ディズニーランドに合わせて特別にデザイン・製造された同列車は、香港地鉄公司とディズニー社のイメージエンジニアの共同設計。

今年2005年の開業を予定している。香港ディズニーランドは第1期として、ペニーズ湾の126ヘクタールの敷地に建設する予定。オープンしたら、香港の美食を兼ねれ、ぜひ行ってみたいね。

■香港ディズニー・テーマパーク
[PR]
by shinichi.hakubi | 2005-04-28 17:10 | 何となく
香港税関が3月23日に香港市内の海賊版販売店などに対して家宅捜索を行ない、日本のアニメーションを中心とした約20万点の海賊版DVDなどを押収し、18人を逮捕したとの連絡が入ったと発表した。今回の摘発は日本のアニメーションの権利者からの著作権侵害に基づく申し立てによるもので、香港税関が実施した初めての取り締まりだという。

a0013031_16534619.jpg
香港税関は3月23日から24日にかけて一斉摘発を行ない、九龍島の旺角(Mongkok)地区にあるショッピングビル「信和中心」の店舗や、香港島にあるショッピングビル「東方188商場」の店舗など合計22店と、北角(North Point)地区と湾仔(Wanchai)地区の倉庫2カ所に対する家宅捜索を実施した。 押収品の内容は、アニメーションの海賊版DVD/ビデオCDが90%以上を占めたほか、テレビ番組や映画のDVD/ビデオCD、ゲーム、ソフトウエア、音楽CDなど約20万枚を押収し、店舗経営者ら18人を逮捕した。押収したコンテンツは、サンライズの「機動戦士ガンダム」シリーズやスタジオジブリの「ハウルの動く城」など100タイトル以上に上ったという。

■香港海関
[PR]
by shinichi.hakubi | 2005-04-04 16:43 | 何となく
日本国内最大手クレジットカード、ジェーシービー(JCB)は30日、中国の大手商業銀行の中国銀行と提携し、中国でJCBブランドのカードを発行すると発表した。日本のカード会社のブランドのカードが中国で発行されるのは初めて。先行する米国系「VISA」「MASTER」を追撃する。
a0013031_18453738.jpg
カードの名称は「中銀JCBクレジットカード」で、4月から発行を開始する。中国銀が発行元になり、JCBは同行にブランドの使用ライセンスを供与し、使用料収入を得る。世界のJCB加盟店で使用でき、日本円と人民元の両方で決済が可能。アジア諸国を往来する中国人ビジネスマンや留学生などに売り込む。初年度は10万枚発行を目指す。
日本国内での消費は日本円で決済、その他の地区での消費は人民元で決済する。これまで中国では香港ドル、米ドル、ユーロで決済するカードがあったが今回新たに日本円で決済できるカードも加わった。
日本国内のオンラインショッピングのクレジットカード決済ユーザーは、VISAとMASTERに比べても比較的に安定した購買層とされているJCBのユーザーだが、香港でもかなりの知名度がある。これに対し、中国本土はいまひとつぱっとしない。今回の動きは、中国国内に向けてやっと本格的に事業を展開していく構えともいえる。

■JCB
■VISA
■MASTER
[PR]
by shinichi.hakubi | 2005-03-31 18:49 | 何となく

旬の会社?!

最近旬?の会社の中国語訳

■日本語>中国語
ニッポン放送:日本放送公司
フジテレビ:富士電視台
ライブドア:活力門
リーマンブラザーズ:雷曼兄弟証券公司
UFJ Holdin Inc:日本聨合銀行
ナスダック:纳斯达克
・ビートルズ: 披頭士
いすず自動車:五十鈴
プジョー:標致
BMW:宝馬
NTTドコモ:多科莫
キヤノン:佳能
ヤフー:雅虎
ニコン:尼康
マツダ:馬自達
[PR]
by shinichi.hakubi | 2005-03-03 18:01 | 何となく
監査法人のトーマツは中国企業の日本での株式公開や日本企業を対象にした合併・買収(M&A)の支援ビジネスに乗り出す。中国企業の資金調達意欲や技術力を持つ日本企業への関心が高まっているためで、このほど専門部署を設置、中国の政府系機関と提携した。中国企業からのコンサルティング料や監査業務の収入拡大につなげる。

a0013031_14342683.jpg
中国企業の対日M&Aや上場支援に特化した専門部署は国内の大手監査法人では初めて。設置したのは「中国インバウンドサービスグループ(CIG)」で、アジア企業の日本上場支援や知的財産の管理・評価業務の経験を持つ公認会計士や中国人コンサルタントら約10人で構成。さらに中国駐在経験者や中国出身者各10人が支援体制をとり、日本進出を希望する中国企業に対するコンサルティングを進める。

中国国家発展改革委員会国際合作センターとの双方協力の分野:
・日本企業と中国企業の合弁、M&A事業を促進・サポートすることについての協力
・中国企業が日本上場またはその他の資金調達を促進・サポートすることについての協力
・中国企業が日本で事業展開するための投資およびその他業務に対してコンサルティングサービスを提供することについての協力

中国科学院北京国家技術移転センターとの双方協力の分野:
・日本企業と国際的な事業展開を目指す科学院傘下の中小成長企業群の合弁、M&A事業を促進・サポートすることについての協力
・国際的な事業展開を目指す科学院傘下の中小成長企業群が日本上場またはその他の資金調達を促進・サポートすることについての協力
・国際競争力があり日本での事業化を希望する技術シーズ、知的財産の日本における事業化のためのコンサルティングサービスを提供することについての協力
・国際的な事業展開を目指す科学院傘下の中小成長企業群の日本市場における事業展開に対してコンサルティングサービスを提供することについての協力


■リンク
・トーマツ
・中国国家発展改革委員会の国際合作センター
・中国科学院
[PR]
by shinichi.hakubi | 2005-02-25 10:59 | 何となく
日本の有名ブランドを専門に扱うファッションビルが昨年11月、上海の目抜き通りにオープンし話題となっている。販売されている約50(40店舗)のブランドはすべて中国大陸初出店で、日本の最新流行ファッションがオシャレ好きな上海の若い女性の間に受け入れられるか注目を集めている。
a0013031_124155.jpg
流行に敏感な10代から30代がターゲット

日本ブランドファッションビルとしてオープンしたのは、上海の目抜き通り「淮海路」の東側に位置する「WA!」(東方美莎百貨)で、上海実業集団が所有するいわゆる国営百貨店の1階~3階までの全フロア-に日本のファッションブランド約40店舗が並んでいる。

これだけ多くの日本のファッションブランドを専門に扱っているビルは、中国国内では例がなく、店内も日本人デザイナーによる設計で、上海版「渋谷109」を思わせる造りとなっている。
今回の企画を取りまとめたのは上海和之商業発展有限公司、ターゲットは流行に敏感な10代から30代までの中国の若い女性達、日本の最新レディースファッションを中心にテナントとして集めている。

憧れのブランドとして定着を目指す
テナントとして入居している約50(40店舗)のファッションブランドは、すべて中国初進出で、上海を皮切りに今後本格的に中国市場を目指している。

販売されている商品は、主にa.日本製の輸入品、b.中国製日本ブランドの逆輸入品、c.中国製の日本ブランド品と、3つの流通経路に分かれており、現在は日本製の輸入品が最も多いことから、冬物シーズンということもあって上海市内で一般に販売されているノーブランド商品の5倍~10倍と極めて高価格になっている。
経済の成長とともに、必ず近い将来日本製商品のデザイン、品質が優れていることが理解され、ブランドとして定着する。一般女性の憧れのブランドとして定着させたいのが狙いだ。

近年、上海の若い女性の間では、ファッション専門のテレビ番組や海外のファッション雑誌が流行しており、特に日系ファッション雑誌は人気を集めていることから、この日本ブランドファッション専門ビルに期待が高まっている。
[PR]
by shinichi.hakubi | 2005-02-14 09:33 | 何となく

映画CEOとハイアール

お友達の映画配給会社「フォーカスピクチャーズ」が配給している中国映画「CEO」が、現在ポレポレ東中野にて公開中。

この映画のおかけで、昨年10月に、来日したハイアール社(Haier)のCEOチャンさんと会うことができた。せっかく日本に来られたので、日経情報ストラテジー社、リクルートワークス研究所とダイヤモンド社の取材をセッティングさせてもらったが、スケジュールが会わず、持ち越しになった。残念!今度ぜひ中国でお会いしたいね。

a0013031_1375941.jpg
映画は、実在のハイアール社のCEO(最高経営責任者)であるチャン・ルエミンの独創的な経営手腕により、倒産寸前だった青島の町工場が、中国で初めて世界的ブランドを築いていく挑戦の物語。わずか17年で世界165カ国に進出しアジア初の世界優秀企業とまで呼ばれたハイアールのCEOであるリン・ミンを、『太平洋珍珠』のスー・リャンが演じた。監督は、『古井戸』『變臉(へんめん)』などで知られる中国映画の巨匠、ウー・ティエンミン。

ハイアールは銀座にはじめて看板を出した中国企業として、知られている。最近では西友などもハイアールの冷蔵庫を扱っているなど、着実に日本市場に食い込んでいる。
ハイアールはわずか17年で売上高17,000倍、世界165カ国に進出している中国総合家電企業。中国電子メーカー売上高ランキングで2年連続1位の座を獲得しており、驚異的な成長力に各界から注目が集まっている。その特徴は、価格競争ではなくて価値競争に主眼をおいたブランド戦略にある。
「アジア初の世界最優秀企業」(米フォーチューン誌)、「世界で尊敬すべき企業人ベスト30」(チャン・ルエミン/英フィナンシャルタイムス誌)など各界から評価されている。

ちなみに、学歴や年功序列とは関係なく徹底した成果主義と能力給により人事を行っており、中国では学生が就職したい人気企業第1位である。ハイアールは現在約3万人の従業員を擁し、海外165カ国に製品を輸出している。中小型冷蔵庫は米国市場の3~4割を占めている。2003年度のハイアール・グループでの売り上げは806億元(約1兆1280億円)に達している。
最近、レイボのIBMPC部門買収などもあり、中国企業の躍進はすざましいである。レイボは昨年HRに関して取材させてもらったが、ハイアール同様、欧米と中国を融合した斬新なHR制度がおもしろかった。


■映画「CEO」の紹介
■ハイアール
■三洋ハイアール
■レイボ
[PR]
by shinichi.hakubi | 2005-02-03 01:37 | 何となく

ブログをはじめた!

a0013031_225340.jpg
ブログをはじめた!
結構おもしろいかもね。

そう言えば、昔運営したサイトは5年間も更新していないなぁ。
http://www.multilingualworld.com/
SEO対策とかはやっていないのに、かなりの検索ランクに上がっている。。。
いろいろところにリンクしていただいて、本当にまずい。

しかし、更新は携帯からできるといいなぁ。
自分用にブログのシステムを作るかなぁ(*^_^*)
[PR]
by shinichi.hakubi | 2004-04-07 12:22 | 何となく