日常生活、日本、中国、モバイル、適当に。。。


by shinichi.hakubi
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2005年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

a0013031_033720.jpg

IT大手・聯想は先ごろ、200万画素のカメラと音楽機能を強化した携帯電話「i717」を発売した。ストレートタイプのボディは105.5×44.8×17.8mm、重量は87グラム、ディスプレイは26万色TFT(128×160)。
最長通話時間は150分、最長待ち受け時間は120時間。ショートメッセージは1万本を保存することが可能、MMS(マルチメディア・メッセージングサービス)をサポートする。着メロに歌手・梁静茹の「愛Ni不是両三天」も内蔵する。オーディオファイルもステレオスピーカで再生可能。カメラは200万画素、12倍ズーム、撮影する画像は160×128、800×600、1600×1200の3種が選択可能、連続撮影をサポートする。最大90秒の動画も撮影可能、外付けカメラもホットプラグで使用できる。

■聯想携帯電話
[PR]
by shinichi.hakubi | 2005-07-27 00:04 | モバイル

大学受験生で経済活性化

中国では大学入試の終了後、受験生を慰労する「ポスト入試経済」がにわかに活気づいている。
家電量販店の永楽家電によると、上海市内の店舗で29日、携帯電話の1日の売上額が前月同日より20%増加し、デジタルカメラは同70%増、パソコンは同2倍の売行きを示した。
昨年、受験生の父兄が購入した製品で最も多かったのが1000元以下のMP3だったことに比べ、今年は慰労品高価になり、携帯電話は3000元以上でカラー画像のカメラ付き、デジタルカメラは500万画素以上で3000元前後が売れているという。また一部のレストランでは、恒例の「謝恩会」向けに専用に考えたメニューを用意している。
さらに今年は受験生の慰労に新たなトレンド「美容」が加わった。ある私立病院によれば、入試が終わるや、父兄と学生からレーザーによる視力矯正、二重まぶた手術、セラミックの美容歯科などに関する問い合わせや予約が増え始めたという。

ますます過激化している学生のご褒美、市場の活性化することはよいだが、親とかに甘えて、世間知らずの学生が増えているのも確かだ。
[PR]
by shinichi.hakubi | 2005-07-06 11:13 | 何となく
a0013031_113736.jpg

中国家電大手のTCLグループは27日、広東省広州市で第3四半期(7-9月)の国内向け新製品発表会を開催した。
同社は発表会の席上、今後の製品戦略として、主にマルチメディア対応機種を送り込むことで、今年の国産携帯電話市場における沈黙を打開したいと述べた。会場では新型携帯電話30機種以上が紹介され、国産でこれほど多くの新型携帯電話が一挙に発表されたのは今回が初めて。
業界関係者は、TCLは再編と内部改革を半年以上にわたり進めた結果、今後の国産携帯電話市場の再興をリードする可能性が出てきたと語る。
同グループ傘下で固定・携帯電話事業を展開するTCL通訊科技有限公司の劉飛CEOは今年の目標と将来の展望について、「中国価格で欧米並みの品質を実現」とするスローガンのもと、同社を全世界のGSM携帯市場におけるトップ企業に成長させるとともに、その強大な販売ネットワークにより中国市場発展の牽引力になるとの明確な考えを示した。また今年末までに当期の収支バランスを黒字に持ち込みたいとしている。

■TCLモバイル
[PR]
by shinichi.hakubi | 2005-07-02 10:59 | モバイル