日常生活、日本、中国、モバイル、適当に。。。


by shinichi.hakubi
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
a0013031_11581399.jpg

中国の携帯電話最大手BIRD(波導)は7日、100万画素のカメラ搭載機、MP3、MP4ファイル再生可能なマルチメディア端末など、最新の20モデル(GSM、CDMA)を一挙に発表した。「多易随 X8」の外観デザインはルイヴィトンのデザイナーが担当、世界で初めて端末ボディにデザイナーのシグネイチャーが入ったモデルとなった。
また、BIRDと中国科学院(中科院)共同開発によるスマートフォン「多易随 E868+」も注目を集めている。同モデルは全国で初めて独自の知的財産権を有する指紋認証モジュールを搭載、モバイルバンキング、証券取引、オンラインショッピングでの安全性が向上すると期待されている。また同モデルは2004年国家科学技術進歩賞2等賞を獲得している。中国工程院の倪光南・アカデミー会員は「BIRDの指紋認証機能搭載機のコア技術は国際的にもトップレベルに達している」と高く評価している。

■BIRD
[PR]
# by shinichi.hakubi | 2005-06-14 11:13 | モバイル

a0013031_121780.jpg中国初のディズニーテーマパークが9月12日、香港で正式にオープンすると発表した。昨年末、香港メディアは香港ディズニーランドの総投資額を140億香港ドル(約2000億円)と伝えた。
ディズニーランドは、9月のオープニング段階で、ディズニーテーマパーク、香港ディズニーランドホテル、ディズニーズハリウッドホテルとその他のショッピング、飲食、娯楽施設などを営業する。第一段階のすべての拡張が完了すれば、ディズニーテーマパーク、2100のホテル客室、および2万8000平方メートルのショッピング、飲食、娯楽複合センターなどが整うことになる。
世界5カ所のディズニーランドの中で、アジア市場で香港ディズニーランドに対抗できるのは、1983年に開業した東京ディズニーランドだけだ。東京ディズニーランドは、2001年に入場者数延べ1700万人を記録し、世界で最も収益を上げたアミューズメントパークとして米フォーブス誌に選ばれた。香港ディズニーランドは中国本土と東南アジアの膨大な華人市場に依存し、収益向上を考えている。香港特別行政区政府の発表では、昨年、香港を訪れた観光客は延べ約2100万人、2003年比37%増だった。

9月か10月には、広州に行く用があるが、近いし香港ディズニーランドも行って見たいね。。。

■香港ディズニーランド
[PR]
# by shinichi.hakubi | 2005-06-13 12:00 | 何となく
a0013031_11521014.jpg

デンソー、日立、三菱電機など、日系自動車企業にOEM(相手先ブランド製造)供給を行うメーカーは、中国の自動車アフターサービス市場で「半額戦略」を開始する。これは部品を再利用することで、新品より40-60%低い価格で自動車メーカーの特約サービス店へ売り込みを図るもの。上海威林汽車有限公司の担当者は、同社ではこれら3社からすでに権利を取得しており、華東地域で部品の再利用業務を請負うと述べた。
中国の消費者の多数が車は買えても維持費が負担できないことに不満を持っており、その原因の一つがメーカーの部品が高すぎるとも言われている。再利用部品の登場により消費コストが低下するため、維持費の低下が約束されたことになり、消費者の購買意欲をある程度刺激するとみている。

ある中国のポータルサイトの調査で、1台の車の部品をばら売りした金額が、2台の新車を購入できることがわかった。あくまでも試算のようだが、コストのたかさがわかる。最近中国では多くの日本車のOEM(エンジンやボディなど)があり、この動きは市場の活性化をつながるでしょう。

■デンソー
[PR]
# by shinichi.hakubi | 2005-06-13 11:48 | 何となく
Intel製CPUを搭載するMacintoshは2006年6月、いまからちょうど1年後にあたる来年のWWDCまでに最初の製品を出荷。さらに1年を経て2007年中に移行を完了する、とジョブズCEOは移行のロードマップを明らかにした。

a0013031_17313782.jpg
Intel製CPU搭載にあたっては、PowerPC G5ではなかなか実現されない3GHzのクロック周波数や、発熱量の大きさから非現実的と言われているPowerBookへのPowerPC G5搭載を?マーク付きで例にあげて、1Wあたりのパフォーマンス効率がPowerPCよりも優れているという点を強調した。
Macintoshプラットホームにとってはこれが3回目の大きな転回点となる。最初は'94年から'96年にかけて行なわれた68KからPowerPCプロセッサへの移行。次が2001年から2003年にかけて行なわれたMac OSからMac OS Xへの移行だ。

いままでのソフトウェアがすべて書き直すことになるが、新たなビジネスチャンスとしてもとらえられる。どんなハードウェアになるかはわからないけど、PC/ATコンパチブル機械でMacOSが動作できるとは、非常に楽しみことだ。
MacOSの優れれたインタフェースと機能が、ThinkPadとか、VAIOで動作できるとMacOSの普及にもつながるでしょう。


■Apple Computer
[PR]
# by shinichi.hakubi | 2005-06-07 17:27 | IT
a0013031_11112124.jpg
中国の大手ポータルサイト「捜狐(SOHU)」は5月31日から地図検索サイトを始動した。ユーザーがこのサイトを使う場合、検索欄に地名と入力すれば、現地までの詳細な交通ルートがわかり、またショッピングセンターを入力すると、付近の銀行の支店に至るまで詳細な地図がわかる。「捜狐」は4月12日、930万ドルを投じ、オンラインマップサイト「図行天下(Go2map)」を買収した。その後同サイトの地図データを利用し、「捜狐」のサーチエンジン「捜狗」を使った地図検索サイトを開始した。ユーザーは「捜狗地図」にアクセスすれば、無料で必要な地図情報が得られる。同サイトは300万件の地図データを持ち、全国200あまりの大中都市をカバーしている

■捜狗地図
[PR]
# by shinichi.hakubi | 2005-06-07 11:06 | IT
中国のLenovo Groupは、IBMと共同で新たに「X41 Tablet Series(X41T)」を発表するとみられている。このコンバーティブル型ラップトップはIBMが開発したもので、今年初めに完了したIBMのPCビジネス買収後に、Lenovo Groupが初めてリリースするコンピュータとなる。

a0013031_148742.jpg
X41Tは、ThinkPadの顔である黒い筐体や、消しゴムサイズのトラックボール、そして赤と黒のクリックボタンを搭載するなど、他のモデルと同じ外観をしている。 しかし、X41Tの12インチスクリーンは180度回転可能で、これをコンピュータのキーボード上に重ねることでノートPCがタブレットコンピュータに変身する。これは、日本のIBM研究所が提出し、米連邦通信委員会(FCC)のウェブサイトで先月後半に公開された写真や内部文書から明らかになった。
X41Tの内部仕様についてはまだ明らかになっていないが、FCCに提供された写真からは、超軽量の姉妹機「X41」のように、Mini PCIカードスロットを搭載していることが確認できる。X41Tはさらに、Intel Pentium Mプロセッサを搭載し、Microsoft Windows XP Tablet PC Editionで動作するとみられる。

東芝のタブレットPCを約1年半ぐらい持ってたが、タブレットよりも通常のキーボードのほうがメインに使っていた。タッチスクリーンに認識できないエリアが出来たこともあり、手放した。結局思ったほうどより、タブレットを使う場面が少なかった。使えるソフトが少ないのが要因かもしれない。

■ レノボ・ジャパン
[PR]
# by shinichi.hakubi | 2005-06-06 14:06 | モバイル
a0013031_14425115.jpg

リクルートとサイバードは、携帯電話関連事業で業務・資本提携すると発表した。リクルートは、サイバード株の第三者割当増資を引き受け、第2位株主となる。
両社は、FeliCaなどの非接触IC技術を用いた事業や、携帯電話を利用したコンテンツ事業などで業務・資本提携する。モバイルマーケティング、モバイル広告事業など相互乗り入れ、連携を積極的に行なうほか、両社の代表取締役などで構成される事業推進役員会を設置し、業務提携を推進していく。
また、業務提携に伴って、リクルートはサイバード株23,500株を第三者割当増資で引き受ける。サイバードの発行株式の10%相当を引き受けることでリクルートは第2位株主となる。リクルートからは、サイバードに社外取締役として1名が派遣される。

ちょっとしたびっくりニュース。最近、ビットワレットと広告や電子クーポン、マーケティングなどの事業を共同展開すると発表したばかりだ。

■サイバート
[PR]
# by shinichi.hakubi | 2005-06-03 14:39 | モバイル
a0013031_14284620.jpg
ネットエイジより、2005年6月1日、「クラブモバイル」の営業譲渡をアルトビジョンに受けた。
クラブモバイルは、モバイル端末を利用する顧客を「クラブ」化し、クーポン、アンケート、投票、メール配信、スピードくじなどを実施できるツールで、本部と店舗の2階層で権限コントロールができることが特徴で、ヒルトン東京、株式会社スエヒロレストランシステム、株式会社クリアックス(カラオケルーム「歌広場」)などに利用しているようだ。

アルトビジョンの椎葉社長は、先週金曜共通友達の誕生会でお会いした、非常に穏やかな方。深夜まで一緒に飲んでいたが、あまりお話できずに残念、今度こそゆっくりお話したいね。

■クラブモバイル
■アルトビジョン
[PR]
# by shinichi.hakubi | 2005-06-03 14:24 | モバイル
a0013031_1115228.jpg

華為技術が、2005年第4四半期(10-12月)にインドネシアのW-CDMA市場に参入することが明らかになった。華為技術は、インドネシア・ジャカルタで開催された「2005年CDMA展示会」に最新型の3G携帯電話端末を出品。インドネシア市場の調査や研究を進め、進出の準備を進めてきた。インドネシアでは、3Gネットワークが普及するにつれて、ユーザー数が増加し、端末の需要も増加し続けている。華為技術のようなワイヤレス通信設備メーカーにとっては大きなビジネスチャンスだ。
インドネシアの通信キャリアであるBakrie Telecom、Indosat、Telkomなどと提携協議を進めていることを明らかにした。インドネシアでは2年前にCDMA規格を導入しており、ユーザーには好評だ。なお、CDMA市場の発展により、インドネシアのGSM通信キャリアは通話料金の値下げを余儀なくされている。

華為技術は老舗の通信機器メーカー、かつてルータの製造開発で、中国に留まらずアメリカやヨーロッパでも進出している。中国国内では携帯関連機器も販売され、モンゴルとパキスタンの通信インフラも受注している。

■華為技術
[PR]
# by shinichi.hakubi | 2005-06-01 11:10 | モバイル
a0013031_1059503.jpg

通信設備大手のエリクソン(愛立信)は先ごろ、新しい研究開発センターとなる愛立信移動数据応用技術研発(広州)有限公司(エリクソン広州研究開発センター)を広東省広州市で設立した。エリクソン広州研究開発センターはエリクソンの中国での研究開発ネットワークの重要な一部分として位置付けられ、エリクソンのモバイルネットワーク分野での先端技術、ノウハウを活かし、中国の通信キャリア向けに優れたソリューションを提供していく。同センターは広州省のソフトウエアメーカーや大学とも3G端末の研究・開発で協力していく。

本田の製造工場に続き、トヨタも広州に製造工場を設立した。今度は通信メーカーのエリクソンだ。香港との近距離と、中国最も最初に携帯電話を展開した地域だ。そのチャレンジ精神と、中国全土にみても、人材、市場とコストのバランスがベストな地域であり、今後はさらに多くの企業がビジネスを展開していくと見られる。

■エリクソン中国
[PR]
# by shinichi.hakubi | 2005-06-01 10:58 | モバイル